Latest Entries

島根旅行記

C_OTq3nUAAACIFl_20171017113702c3c.jpg




5月8日、9日に島根に旅行にいってきました!!


旅行記を書こう書こうと思いながら放置して今に・・・半年経ってるよ!!






行った場所は3か所で

①由志園
②足立美術館
③松江城

です!「島根って何もないんじゃないの?」と思われるかもですが…そんなことはないっ!!











①由志園


由3
由4
由1
由6
由7
由8
由9



ちょうど牡丹の花の見頃がおわってた時期だったので比較的空いてました


もう見ての通り、すごく風光明媚な場所なんです!藤棚とか水車とか見どころもたくさんあるし、ちょっと奥まで行けば滝があったり・・・まさに「歩いてて楽しい」ところです!

あと、とあるゲームのせいで、ちょうどカエルに対して敏感になってた時期だったので、カエルの置き物を見つけたときは迷わず撮っちゃいました!一匹ほしい。笑








由5

そのあと心安らぐ風景をみながらコーヒーをいただきました。なんて贅沢な時間なんだろう・・・




















②足立美術館


足立1
足立2
足立4
足立5
足立3
足立6
足立7


島根といえば足立美術館は外せないっ!!

ということで庭園日本一の足立美術館です!
これがこの旅行のメインだったので、もうほんとテンションあがりまくりでした!!!

美術館のなかにはいってちょっと歩くと目の前は素晴らしい庭園が・・・
自分は本当に和を感じる公園や庭園が好きですが、そのなかでもここは群をぬいてる感じです。

ちょっと横をみると滝が流れてたり、鳥が空を舞ってたり、癒し効果抜群でしたね。
疲れたときまた来たいと思える場所です(ここに来るまでに疲れるとか言わない)







足立8


ここでは抹茶をいただきました。なんか飲んでばかりだ。笑


















③松江城


松江3
松江2
松江1


そして最後は国宝松江城!!
明石城やら岡山城やら、どこか行くたびにお城見学してる気がしますが、今回も松江城に。

岡山城みたいに中に入ったらエレベーターがあって現代に引き戻されるようなことはなかったですが、そのおかげで急な傾斜の階段(ほんと急なので危険)をのぼるハメに・・・ 手すりがないと怖くて降りられないレベルです


その甲斐あってか、一番上から見る島根の景色がよかったです!
自分自身がド田舎育ちなので、こういった普通の街なみを見るのが好きなんですよね

「ここにはここの文化があって、ここの暮らしがあるんだなぁ」と、当たり前のことをしみじみ思ったりします


お城の資料とかも見てまわったのですが、さすがに半年たつと詳細を覚えてなく・・・ごめんなさい!

















C_ToBg8VYAASEeK_20171017113335c66.jpg


というわけでお土産をかって無事かえりました!しまねっこ可愛い!!














島根の魅力を再度認識したというか、思い知らされた旅でした。

もうほんと眼と心が癒されるスポットが多いっ!
出雲大社ばかりに目がいきがちですが、こういったところもいっぱいあるんです!


次は愛知県に行きたいな~と計画たててますが、仕事が忙しくてまとまった休みがなかなかとれず・・・
でも機会はいつか訪れるとおもうので、それを逃さず行ってみようと思います!













C_PDtMoV0AARh0W_201710171137046d3.jpg

旅の醍醐味ポケモンGO! 旅行中ちゃっかりやってました。笑


京都旅行記

嵐山5


4月17日・18日に、京都府に行ってきました。



行ってきた場所は

①京都市中心部(京都御苑)
②嵐山
③天橋立

の3か所です。
当初は京都へ行く予定はなく、突発的な旅行になりましたが、連休だったので1泊2日で行ってきました






京都

京都御苑



①京都市中心部 (京都駅)

新幹線で京都駅まで行き、まずは京都タワーへ行きました。
京都タワーでは京都市内が一望できて、頑張れば大阪のあべのハルカスとかも見えます!
京都駅や本願寺とかはすぐ眼下に見えて、「京都にきたんだ~!」と感動しました

京都は碁盤目状に街が広がってるのですが、ここからでも整然とした綺麗な街並みが見れます。
ある程度予想はしていたのですが、やっぱり外人さんがとても多くて、むしろ日本人のほうが少なかったです。よくあたる手相占いとかもやっているので、みてもらうと面白いかも?





京都御苑1

京都御苑3

京都御苑2

京都御苑4


それから河原町にあるポケモンセンターキョウトを見学して京都御苑へ。

ポケモンセンターキョウトでは公家ピカチュウや舞妓ピカチュウなど京都ならではの商品がズラリ。
かなり活気があって、店内はかなり混んでました。案の定、外人さんはここでも大量発生!
自分はメタモンドールとお土産に抹茶ラスクを買いました。色違いのホウオウも貰えちゃいます


京都御苑は国が管轄している国民公園で、凄く広いのが特徴です。
多様な植物や動物、ちょっとした水路など、歩いててとても気持ちいいところで、思わず「永遠にここにいたい」と思っちゃうほど。橋を渡った先にツンと澄ましている猫がいましたが、人間慣れしてるのか全く微動だにせず・・・ おかげで良い写真が撮れましたが






ホテル

ポケモン


天候による交通機関の乱れの関係で15時半頃に京都に着いたこともあって、早々にホテルに。
実は1日目のこの日程は急きょ新幹線のなかで思いついたもので、完全に行き当たりばったりでした。
ポケセンとかは最たる例で、「そういや京都にできたんだっけ」と京都に着く寸前に思い出して行きました。それが許されるのも一人旅の醍醐味っ!



この日は20時にチェックインして、次の日は朝6時半にチェックアウト。
今回泊まったのは京都駅から徒歩1分という好立地かつ、割高料金がデフォな京都では珍しく平均的な料金のホテルで、一人旅の京都旅行にはうってつけなところ・・・・・・だと思います(たぶん











嵐山1

竹林


②嵐山 (嵯峨嵐山駅)

2日目は早朝からJRに乗って嵐山へ。
この嵐山は、京都の観光雑誌の表紙を飾るような観光名所が数多くて、常日頃から行きたいと思っていた場所の1つでした。トロッコもあるのですが今回は乗らず。いつか乗りたい!

その数ある観光名所の代表が竹林!まさに「和」を感じずにはいられない場所で、ゆったり歩いてるだけでもリフレッシュできます。早朝に行ったからか、観光客もほとんどおらず空気も凜と澄んでいて、凄く贅沢な空間でした。行くなら早朝おすすめ!




嵐山3

嵐山4

嵐山2


竹林ロードを抜け、嵐山を満喫しながら歩いていると・・・







渡月橋2

渡月橋4

渡月橋3


渡月橋へ到着!

ここも京都(嵐山)を代表する観光名所の1つで、ドラマの撮影などにもよく使われています。
夜にはライトアップもされるらしいですが、今回は時間の都合でそれは見れず!でも「風光明媚」という言葉がよく似合う、渡月橋と緑豊かな嵐山と桂川の流れが調和した景色が見れたのでOK!
心なしか、時の流れもすごく穏やかでした。

紅葉が綺麗なシーズンにぜひまた来たいです。






ここから特急を使って一気に北上します














天橋立4


③天橋立 (天橋立駅)

最後は、この旅の一番の目玉!”日本三景”の「天橋立」
京都に行くなら絶対に行きたいと思ってた場所です!






天橋立


天橋立駅で降り、リフトが点検中だったのでモノレールで天橋立ビューランドへ。

ビューランドから見える天橋立は、通称「飛龍観」というのですが・・・ もう、言葉では言い表せない感動がありました。とても筆舌に尽くしがたいので、なんとも形容しがたいのですが、とにかく夢を見ているようでした。明石旅行における海峡大橋と同じ、長年の憧れでしたので




天橋立2

ここでは「股のぞき」をすれば天地が逆さになって、天に昇る龍のように見える・・・

というわけでさっそくやってみましたが・・・これはぜひ自分自身の目で見てみるべき!凄く衝撃でした!






天橋立6

天橋立8

天橋立5


ビューランドから降りて、今度は実際に天橋立を歩きます!

歩いてみると普通の一本道の公園といった感じですが、要所要所に松の解説があったり、記念碑のようなものがあちこちにあります。ただ、当然といえば当然ですが、すぐ隣が海なので風が強いうえに肌寒さが半端じゃなかったです。







結果的に、あまりの強風と肌寒さに予定より早く切り上げて天橋立駅へ戻りました。
まるで台風かと思うくらい風が強かったんだよ!行こうと思っていた傘松公園はまたいずれ!









天橋立7


そしてその道すがら、お土産を購入。
「八ッ橋のほうが喜ばれるかな~」と思いながら、あくまでも天橋立がメインの旅行だったので天橋立が包装紙に描かれたお菓子を購入。自分用にも天橋立のお菓子(↑の写真の夢餅)を購入。






帰りの特急と新幹線では常時カックンカックンなりながら半分寝てました。お恥ずかしい…















京都御苑6


こうして1泊2日の京都旅行が終わりました!

金閣寺や清水寺とはまた違った京都の魅力に触れることができて本当によかったです。
何より、仕事の合間の良い息抜きになりました。京都御苑、嵐山、天橋立と、綺麗で雄大な自然に触れる機会が多かったので、心身ともにこのうえなくリフレッシュできたと思います。





日本三景の天橋立をこの目で見れたことは生涯忘れられない思い出になりました。

でも、「日本三景」という肩書きがなくても日本にはもっとたくさん魅力的な場所があると思います。
また休みがとれたら、もっといろんなところへ行ってみたいと思います。


そのときはまた旅行記を書きます! それでは!!

岡山・香川旅行記

岡山駅

高松駅



9月27日に、岡山県と香川県に行ってきました。



行ってきた場所は

①後楽園・岡山城
②栗林公園

の2か所です。
どちらも「日本三名園」「ミシュラン三ツ星」として名高い日本屈指の名園で、ちょうど1年前のこの時期に行くことを計画していました。本州と四国を行き来する関係上、瀬戸内海を跨ぐのですが、アクセスは凄く良かったです。






後楽園

岡山城


①後楽園・岡山城 (城下駅)

”日本三名園”として、茨城の偕楽園、石川の兼六園と並び称されるのが、この岡山の後楽園です。

それぞれ
「雪」の兼六園
「月」の後楽園
「花」の偕楽園
という異名があるのですが、さすがに月を見るまで滞在することはできず・・・orz

岡山城のほうも、黒塗りの天守閣から「烏城」という異名があります。




後楽園2


後楽園に入るのには入場券がいります・・・が、岡山城とセットのやつなら少しお得です。

後楽園のなかは本当に風光明媚で、時が経つのを忘れるほど。さすが三名園のひとつ!

タンチョウが飼育されていたり、水路に水車があったり、見どころはたくさんありますが、なんといっても、ちょっとした丘の上みたいなところから一望できる景色は一見の価値ありです!
ほんとにちょっとした階段をのぼるだけなのですが、観光客で行列がズラーッとできていて、なかなか見るのに苦労しましたが・・・ 感動しました。

目の保養になるし、心洗われるし、後楽園は個人的に凄くお気に入りの場所になりました。





岡山城2


岡山城は、後楽園から橋を渡ってすぐのところにあります。

内部は将軍についてや鎧とか兜などの資料展示や、展望室等々。
お城ということでタイムスリップしてたら、いきなりエレベーターが目に入って現代に引き戻されます

展望室からは、岡山市や後楽園が一望できます。
展示室では見事な鎧兜や、刀などいろいろあって興味深かったです。










この時点で昼に差し掛かってきたので、いよいよ四国へ! 実は初上陸です







瀬戸内海


瀬戸内海を渡ってるあいだの景色は凄く良かったです!
瀬戸内海といえば、よく「多島美」が挙げられるのですが、まさにその光景が見れます。

四国へ着いた瞬間、「ようこそ四国へ」という看板が目に入って、なんだか感慨深かったです















栗林公園2


②栗林公園 (栗林公園駅)

岡山駅から高松駅へ行き、近くにある高松築港駅から琴平電鉄で栗林公園まで行きました。

この栗林公園は、「日本三名園を超える」と言われ、「わざわざ訪れる価値がある」としてミシュラン観光ガイドの三ツ星を獲得した、「日本の名園の頂点にあるといってもいいのではないか?」という場所です。

ちなみに日本最大の庭園なので、ゆっくり全部見て回ろうと思うと1、2時間はかかります











栗林公園3

栗林公園4


茶室があって美味しい抹茶をいただけたり、船で湖を周遊できたり、松が凄かったり、民芸館があったり、
こちらも見どころスポットはたくさんあるのですが・・・













栗林公園


なんといっても最大の見どころは、飛来峰から見れるこの景色!

この景色を見るために、今回遠路はるばる来たといっても過言ではないのですが、もう圧巻の一言。

紅葉している時期に来ていたら、もっとすごかったんだろうな~と思いつつ、そこは仕事との兼ね合いもあって「行けるときに行こう」というスタイルだったので、若干心惜しいですが大満足!!


他にも滝を見たり、ぽけーっと散策しながらいろいろ思いを巡らせてたりしていたのですが、
日が暮れて時間がきたので後ろ髪引かれる思いで帰りました











今回の旅行は、明石旅行と一緒に1年前からずっとあたためていた(明石の場合かなり昔から行きたい気持ちを持っていたのだけれど)ものだったので、凄く感慨深かったです。
特に四国には初上陸でしたし、岡山にもこれといった旅行に行った記憶がなかったので・・・

ただ、「岡山・香川旅行」というにはピンポイントすぎるし、日程の都合上それぞれ1か所ずつしか行けてないので、いつかきちんと巡ってみたいです!
とりあえず今は「足を踏み入れることができた」というだけで満足!!




次の一人旅については全くの白紙です。
年休を駆使できるのは来年からなので、春まではどうしても日帰りとんぼ帰りになる都合上、九州~近畿のどれかになりそうです。

またどこかへ行くことができたら、旅記録的な意味も込めて記事を書きます。 それでは!

明石旅行記

西明石




8月22日に、長年の憧れの地であった明石へ行ってきました。



行ってきた場所は

①明石城・明石公園
②明石市立天文科学館
③舞子公園海上プロムナード
④五色塚古墳
⑤須磨離宮公園

の5か所です。
須磨離宮公園だけは徒歩で10分程度かかりますが、後はほとんど各最寄駅の目の前にあります。







明石公園


①明石城・明石公園 (明石駅)

自分は無類の公園好きなので、明石に降り立ってまず行った場所がここ。
ここを起点に、ここから須磨離宮公園まで東のほうへ東のほうへと巡っていきます。

中は本当に広大というか、広々としていて、湖のスワンボートやテニスコート、野球場や図書館等々、様々な施設が密集していました。坂や階段を境に、上のほうと下のほうの二層構造になっていて、上のほうに明石城があります。

入口のほうにカラクリ人形があったり、ちょっとした池で涼んだり、溜め池を橋で渡ったり、たくさんの花を眺めたり、本当に見どころがたくさんあって、また来たいと思える場所の1つです。「こういう公園が自分の住んでるところの近くにも欲しかった」というのが純粋な感想です。









明石市立天文科学館


②明石市立天文科学館 (人丸前駅)

ここは日本標準時子午線が通ってる場所として有名で、自分もそういう場所に立ちたいという思いから行ってみました。
駅のすぐ目の前にあって、下層には展示室・プラネタリウムが、上層には展望室があります。

展示室では、標準時子午線が通ってるだけあって、「時」にまつわることが多く展示されていました。
興味深かったのが、「時計」の進化。その精度の違いまで比較されてて、人間の知恵って凄いなぁ、と。

展望室では瀬戸内海と明石市内を一望できます。頑張れば四国のほうも見えます。
何より圧巻なのは、着いた瞬間に目に入る明石海峡大橋です。明石のシンボルだけあって、デカい!

この後はいよいよその明石海峡大橋に行きます









無題
海上プロムナード2


③舞子公園海上プロムナード (舞子公園駅)

近くで見るとより圧巻というか、言葉もないというか、凄くテンションがあがりました。
ここには「海上プロムナード」という、明石海峡大橋の一部を観光ルートとして歩ける遊歩道のようなものがあるのですが、これの何がヤバいって、途中一部の床がガラス張りになってるんです。


海上プロムナード

こんな感じで

外からは強い潮風がダイレクトに、上からは車が通るときの揺れがダイレクトにくるので、正直かなり怖いです。
でも、それを乗り越えれば凄い気持ちよくて、ずっとここに居たいくらいの気持ちになりました。
海や立体的な構造物が好きな人にはたまらないんじゃないかと思います

ここで昼食をとって、次の場所へ









五色塚古墳


④五色塚古墳 (霧ヶ丘駅)

今までとは打って変わって古代へ思いを馳せる場所へ。こういう場所も好きなんです。
兵庫県で最大の古墳で、ここからさっきの明石海峡大橋もばっちり見えます。

ちなみにここに入るには受付で名簿のようなものに記入しないといけないのですが、訪れているのは兵庫の人ばかりでした。わざわざ遠くから訪れるような人はいないのだろうか・・・

古墳の周囲は何らかの規則で埴輪的なものがズラッと並んでいて、思わず畏怖しちゃうというか、パンフレットではこの地を治めた相当の権力者が眠ってるとかで、なんだか凄いところに自分は立ってるんだなぁ、と。 一眼レフで写真を撮りまくってる方もいて、景観の良さやアクセスの良さも相まってなかなか魅力的なところだと思います。









須磨離宮公園
離宮公園


⑤須磨離宮公園 (須磨寺駅)

最後は須磨離宮公園へ。この頃になるとさすがに体力の限界(特に最初の公園でノンストップで歩き回ったのがボディーブローのように効いてる)で、夏の暑さも相まってへろへろになりながら坂をのぼっていきました。

この公園、「離宮」公園というだけあって、全体的に優雅な雰囲気でした。まるでどこかの宮殿の庭にでも来たような感じ



植物園

植物園もあるのですが、なぜかテーマが「食虫植物」という
ハエトリグサのようなメジャーなものから何かよくわからないマイナーなものまで展示されていましたが、どれを見ても頭の中にパックンフラワーがよぎる・・・ あるいはマスキッパ



その後は西明石駅へ戻り、新幹線で家まで帰りました。

今まで特に触れてませんでしたが、明石駅~須磨寺の間の一部は、すぐ海の横を通るので景色が本当に最高です。それだけに、もっと晴れていたらキラキラした海を見れたんじゃないかと思うとちょっと残念です。この時は晴れ・曇り・小雨が混じったような複雑な天気だったので。 










舞子公園


そんなこんなでささやかな明石旅行は終わりました。
積年の夢が叶って、いろんな魅力を体験できて、本当に楽しかったです。

今でも夢なんじゃないかと思うくらい、本当に。


仕事でなかなか時間がとれませんが、次は岡山・香川あたりに行こうかなと考えています。
まずは日帰りできる範囲で無理なく、いずれは休みを組み合わせて遠くへ、といった感じです。


夢はでっかく47都道府県制覇ですが、ゆっくりまったりマイペースにやっていきたいと思います。それでは!